生え際の後退してきた人に似合う髪型とNGの髪型

生え際が後退してきて、髪型に悩むという男性は多いです。薄毛だと思われたくないからと、自由に好きな髪型に挑戦できないという悩みもあります。そういうわけで、ずっと同じ髪型を維持しつつ、徐々に後退していく生え際に恐怖を感じている男性は多いでしょう。しかし、生え際が後退しても薄毛を感じさせない髪型はあります。そこで、以下で、そんな男性に似合う、かつ、生え際の後退を感じさせない髪型を紹介します。

清潔感のある短髪にする
生え際が後退してきたら、それまで長髪だった人でも、まずは思い切って髪を切りましょう。髪が長いとその分のボリュームのせいで、かえって薄毛の部分が目立ってしまいます。また、前髪が長い場合は、髪を下すとスカスカに見えて額の広さを強調してしまいますし、髪を立ち上げにくいという欠点があります。隠そうとすると、逆にその部分が目立ってしまうものですし、また、量が乏しいのに髪を伸ばしていると不潔な感じを与えてしまいます。そこで、生え際が後退してきたら、思い切って短髪にして清潔感を出すことを心がけましょう。その方が、長髪よりも薄毛が目立ちませんし、好印象を持たれます。

広い額をあえて強調する
生え際が気になり始めたら、前髪を上げて逆に額の広さを強調するというのも一つの方法です。髪を立ち上げる感じで額を出せば、視線は立ち上がった髪の方に向かいますし、額が出ることで爽やかさも増します。変に隠そうとするから目立つわけで、逆にアピールしていけば、周りの人も薄毛を気にすることは少ないでしょう。

生え際が後退してきた人がやってはいけない髪型
生え際が後退してきた人がやってはいけないのが、前髪を伸ばして隠そうとすることです。前髪が長くても量が少ないので、簡単に風にあおられて額の広さを際立たせますし、すだれのようになって不潔な感じを与えてしまいます。ですから、生え際が後退してきたときは、髪で隠そうとするのではなく、逆に短くして境界をあいまいにすることが大切です。