女性に特有の生え際が後退する原因とその対策

最近、女性のなかにも髪の薄いことを悩みとする人が増えています。そのなかでも特に多いのが、髪の分け目の地肌が透けることと、生え際の後退です。

女性の生え際が後退する原因
薄毛の原因には、不規則な生活習慣や栄養バランスの偏った食事、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、加齢による自然現象などさまざまあります。ただ、女性の生え際の後退に限って言うと、洗顔料やファンデーションの洗い残しが毛穴に溜まり、それが髪にダメージを与えるということも大きな原因として挙げられます。シャンプーやリンスはちゃんと洗い流していても、洗顔料やファンデーションについてはおろそかになっている人は多いようです。洗顔料やファンデーションには化学成分が配合されており、それが毛穴に残留すると長い時間をかけて髪の成長を妨げます。すぐに髪にダメージを与えるわけでなく、蓄積した成分が徐々に髪と頭皮にダメージを与え、ヘアサイクルが徐々に乱れていき、いつの間にか分け目の地肌の透けや生え際の後退が目立つようになってしまいます。

それ以外が原因の薄毛には
分け目の地肌の透けや生え際の後退だけが気になり、全体的な髪のボリュームはまだ十分にあるという場合なら、洗顔料やファンデーションをきちんと洗い流すことを心がければ徐々に改善する可能性が高いです。しかし、生え際だけでなく、全体的に髪のボリュームが感じられなくなってきたり、髪のハリやコシが以前ほど感じられなくなってきたりといった場合は、老化現象の影響などもあるため、洗顔料やファンデーションに原因を特定することは難しくなります。最近では、女性のための薄毛治療を行う医療機関も増えてきているので、そちらを受診することをおすすめします。

生え際が回復するまで
原因が洗顔料やファンデーションの洗い残しの場合、きちんと洗い流すことを心がけていけば、徐々に元に戻っていくはずです。しかし、すぐに髪が生えてくるわけでもありません。髪にはヘアサイクルがあるので数カ月はかかります。少しでも早く改善したいなら、育毛剤などを使用するという方法もあります。