生え際の後退の進行具合をチェックする方法とその重要性

「最近、生え際の後退が気になるようになってきた」という声は、中高年の方ばかりでなく若い世代でもしばしば聞かれます。一度生え際が気になりだしたら、常に気になって他人にもそこばかり見られているように思えてしまいます。あまり神経質になり過ぎると、そのストレスが逆に薄毛を進行させてしまい、生え際がどんどん後退してしまうということにもなってしまいます。生え際を回復させるために何ができるか対策を練るためにも、まずは現状をチェックすることが大切です。

生え際チェックの重要性
生え際の後退は「M字ハゲ」とも言われる男性に特徴的な薄毛症状です。生え際が後退しつつある人はよく見てもらえばわかりますが、髪の毛がほかの部位より細く弱くなっています。それらの毛髪は気づかないうちに徐々に抜けていき、気が付いたときは生え際がかなり後退してしまっていたということになってしまいます。気が付いてたらハゲてしまっていたということを防ぎたいなら、定期的に生え際の後退度をチェックし、現在取り組んでいる薄毛対策が功を奏しているかを確認するようにしましょう。

生え際の後退度合いのチェック方法
では、現在どのぐらい生え際が後退しているかをチェックする方法を見てみましょう。まず、生え際と眉毛までの距離を測定します。簡単なチェック方法としては、指をそろえて生え際と眉毛の隙間に当ててみるとよいでしょう。隙間に収まる指が3本ならばまだ安全圏、4本とも収まってしまうようならかなり広い額だということです。

薄毛の回復を考えるなら正確な測定も大切
もちろん生まれつき額が広い人もいますので、生え際の後退度合いを測るには、定期的に正確な数値を測定し、前回と比べてどうなったかをチェックすることが大切です。鏡を見ながらでも、人にやってもらうのでもいいですから、定規で生え際から眉毛の境目までを測定し、その数値をメモしておきます。1カ月毎にでもチェックしておけば、変化があったときにすぐに気づけて、対策を講じることができます。